【音楽】書籍『シティ・ポップの「音」をつくった男(仮) レコーディング・エンジニア吉田保 録音術』発売 [少考さん★]

1 :少考さん ★:2021/03/26(金) 20:32:15.33 ID:CAP_USER9.net
書籍『シティ・ポップの「音」をつくった男(仮) レコーディング・エンジニア吉田保 録音術』発売 – amass
http://amass.jp/145585/

2021/03/26 20:13掲載

高音質盤の金字塔として名高い、大滝詠一『A LONG VACATION』、山下達郎『FOR YOU』のエンジニアとして知られる吉田保。初の単著『シティ・ポップの「音」をつくった男(仮) レコーディング・エンジニア吉田保 録音術』がDU BOOKSから2021年10月発売予定。

手がけてきた数々の名盤、そのサウンドの裏側にはレコーディングスタジオの響き、機材の個性、時代ごとの正統的なテクノロジーが横たわっている、それを語りつくした本。

日本のポップス黎明期からレコーディングスタジオを支えてきた経験から、吉田保自身が携わった作品を通じて、スタジオや機材の進化、アーティストとの録音現場でのやり取り、レコーディング技術の変遷を振り返る1冊。

■『シティ・ポップの「音」をつくった男(仮) レコーディング・エンジニア吉田保 録音術』
吉田保 (著)

2,500円(本体価格/税別)
ISBN 9784866471464
発売年月 2021年10月
版型 A5
ページ数 240(仮)
製本 並製

<著者について>
吉田保(よしだ・たもつ):
レコーディング /ミキシング・エンジニア。1968年東芝EMI録音部入社。1976年、RVC(当時)録音部入社。1979年、CBS・ソニー六本木スタジオ、チーフ・エンジニア就任。1989年、(株)サウンド・マジック・コーポレーション設立。 1999 年日本ミキサー協会設立当初より副理事就任。 2014年、かつて手掛けたアーティストを中心に、自らリマスタリングを手掛けた「吉田保リマスタリング・シリーズ」をソニー・ミュージックダイレクトよりリリース。「古典的な三点定位」「深いリバーブ」が特徴。大滝詠一と山下達郎の諸作品でのエンジニアリング・ワークががとくに有名。現在、日本レコーディングエンジニア協会(JAREC)の理事長を務める。 エンジニアを務めた主なアーティストは、 大瀧詠一、 山下達郎、竹内 まりや、稲垣潤一、吉田美奈子、浜田省吾、 松田聖子、Kinki Kids、ハイ・ファイ・セット、ティナ、スクエアー、アトランティックスター、RAG FAIR 、キンモクセイ等多数。現在ソニー360 Reality Audioの特性を用いたクラシックの新解釈シリーズ、「Yoshida Tamotsu Classic」をリリース。

38 :名無しさん@恐縮です:2021/03/27(土) 22:46:28.89 ID:+d+q960p0.net

>>36
訂正

レコード・コレクターズ
2020年6月号・7月号
特集 1980-1989 シティ・ポップの名曲ベスト100

76 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 17:41:48.99 ID:Xo/+CVOY0.net

>>34
46 ドリーミング・デイ ナイアガラ・トライアングルVOL.1

大滝詠一と元シュガー・ベイブ組の山下達郎、
伊藤銀次による企画盤『ナイアガラ・トライア
ングル Vol.1』の1曲目。シングル・カットさ
れた「幸せにさよなら」のカップリングに選ば
れた明るい楽曲で、作詞:大貫妙子、作曲/ヴ
ォーカル:山下達郎、演奏陣にも元シュガー・
ベイブのメンバーが揃っており、幻に終わった
彼らの第2作の残り香が漂う。中間部の楽しい
コーラスは吉田美奈子によるもので、達郎が敬
愛するラスカルズの影響がクッキリ。

79 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 17:44:52.30 ID:jOcSieB20.net

シティ・ポップかどうか知らんが
サマータイムって曲が好き

90 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 18:22:29.78 ID:Xo/+CVOY0.net

>>33
4 中央フリーウェイ 荒井由実

ハイ・ファイ・セットや庄野真代のヴァー
ジョンでも知られる荒井由実(現・松任谷)
の初期名曲。元々はユーミンがTV番組で、
共演者のかまやつひろしと楽曲交換する企
画で生まれ、ムッシュへの提供曲として書
かれたもの。それから間もなく、ユーミン
自身の76年作『14番目の月』に本人ヴォー
カルで収録。都心から中央道で郊外へ下っ
ていく詞のワクワク感が、如何にも当時の
シティ・ポップを象徴している。歌詞への
理解ナシにその高揚感は伝わりにくいかも
しれない。

16 :名無しさん@恐縮です:2021/03/27(土) 00:23:01.63 ID:uShikf1e0.net

妹さんも天才

91 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 18:23:42.80 ID:Xo/+CVOY0.net

>>33
14 COBALT HOUR 荒井由実

ユーミンがまだ荒井姓だった75年に発表し
た3rdアルバムのタイトル曲。アルバムから
は先行シングル「ルージュの伝言」がヒット
し、ハイ・ファイ・セットに提供した「卒業
写真」のセルフ・ヴァージョンも人気を集め
たが、こうしたフロア・フレンドリーなグル
ーヴ・チューンが上位にくるのが現在のシテ
ィ・ポップ事情を反映している。演奏は後に
夫となる松任谷正隆(key)や細野晴臣(b)
を含むティン・パン・アレー・ファミリー。

117 :名無しさん@恐縮です:2021/03/29(月) 04:21:41.75 ID:mff1WM/u0.net

>>28
前からじわじわ来てたのをより流行らそうとはしてそう

37 :名無しさん@恐縮です:2021/03/27(土) 22:41:59.80 ID:y82GzjyK0.net

正直山下達郎とかアーティストよりバックで演奏してる
一流のスタジオミュージシャンのお陰やろ

74 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 17:37:36.01 ID:UjzsgIXf0.net

ロリポップとシティポップの違いって
ただの歳の差?

39 :名無しさん@恐縮です:2021/03/27(土) 22:51:23.78 ID:dSu5j6g10.net

>>4
魔女リーヌ様なのか

161 :名無しさん@恐縮です:2021/03/29(月) 23:54:53.80 ID:GE/gNEzm0.net

だから結局「オシャレ系」とか「都会派ポップス」とかシティポップってそういうノリの言葉なんだよな
それを必死になって明確な定義がどうとかキチガイ過ぎるだろww
そして俺が思うにロンバケは懐メロリゾートポップスであって寺尾聰『REFLECTIONS』は昭和の都会サウンド

169 :名無しさん@恐縮です:2021/03/30(火) 10:27:47.53 ID:/oys2KH20.net

永ちゃんってバリバリロックなイメージがあったけど
中古屋のご自由にお持ちください。コーナーでライブ盤と英語で歌ってるアルバム貰って来たけど
結構AOR寄りだしシティポップな感じだよねw

98 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 18:32:49.19 ID:Xo/+CVOY0.net

>>36
33 タワー・サイド・メモリー 松任谷由実

ピンク・フロイドやレッド・ツェッペリンら
のアートワークで有名な世界的デザイナー集
団:ヒプノシスが手掛けたジャケットが印象
的な81年作『昨晩お会いしましょう』のオー
プニング・ナンバー。神戸を舞台にした失恋
模様を、当時のスタイリッシュなAORサウン
ドに乗せ、美しくもクールに表現している。
半年前の前作『水の中のASIA』、半年後の
米西海岸テイスト濃厚な『PEARL PIERCE』
に挟まれ、どこか英国風の知的風情も漂って…。

84 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 18:02:01.11 ID:rEq9damf0.net

寺尾聡のアルバム「リフレクションズ」の音

11 :名無しさん@恐縮です:2021/03/26(金) 21:30:59.59 ID:E3VkcGZw0.net

吉野金次と吉田保は音が真逆

121 :名無しさん@恐縮です:2021/03/29(月) 09:11:39.48 ID:P2EE4fRq0.net

>>120
ごちゃごちゃうるせえんだよトーシロが
死ね

154 :名無しさん@恐縮です:2021/03/29(月) 23:32:48.63 ID:j6r64xQK0.net

>>150
おまえは本当に薄口だな。
さんざん嬉しそうにレスを重ねておいて
全てはナンセンスだという安易なニヒリズムで逃げるというのは
どれだけ自分が薄くて哀れなのかという自覚がないのかね?

そして>>151のように、やたらとガイドブックを参考にしてるようだが
そもそもナンセンスならガイドブックなぞ買う必要もないだろ、
という自分の矛盾が分からないレベルかね?

106 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 19:04:53.47 ID:zLlq2NRk0.net

シティポップは自動車
歌謡曲はバス
演歌は電車
と歌詞の内容で分けるといい

18 :名無しさん@恐縮です:2021/03/27(土) 01:12:48.29 ID:RQ7LXmyX0.net

80年代までは真ん中がぽっかり空いたような音が多かった。

143 :名無しさん@恐縮です:2021/03/29(月) 19:00:06.13 ID:j6r64xQK0.net

>>142
デヴィッドフォスター関連アレンジの模倣はその後
80年代アイドル歌謡からビーイング等のJPOPまで
飽きるほど使い回される事になるから
それ自体が悪いものでもなんでもないし
当然ながらシティポップを特徴付けるものでも全くなくなる。

ブルースロック風というのは前述のとおり宇崎アレンジ風味を踏襲しているという
別の視点の話だ。

だからおまえは薄口すぎる 研究が足りない

88 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 18:12:42.47 ID:xqPzCk8o0.net

ユーミンやサザンは度外視かと思いきや「EMANON」とか入ってるね。
基本アー単位でなく曲単位なのか。

だとすると「ワインレッドの心」以前の安全地帯「イリュージョン」「Run of Luck」
とかも入っていいもんだがな。曲のふいんき(なぜか変換できない)からして。

43 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 00:33:29.72 ID:uZ2emGmP0.net

俺もガキの頃はレコーディングエンジニアになりたかったな

156 :名無しさん@恐縮です:2021/03/29(月) 23:42:33.75 ID:GE/gNEzm0.net

>>154
だから最初から音楽のジャンルではなく「ちょい悪親父とか」「オラオラ系」みたいなカテゴリだから定義づけは不可能だと言い続けてるだろ
そして明確な定義のないカテゴリだからシティポップは何か?と言われたら著名な音楽関係者がまとめたガイドブックを参考にするしかない
俺はずーーーーーーーーっとそう言い続けてるだろwww
なぜ話が通じない?頭おかしいのか爺さん???

78 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 17:42:55.96 ID:/3NeaJgg0.net

>>24
タイトルからはドラゴンボールの主題歌しか連想できない

29 :名無しさん@恐縮です:2021/03/27(土) 20:17:21.87 ID:ZqZsEpGi0.net

寺尾聰も大瀧詠一も歌詞は松本だから、どっちの歌詞がシティしてるwとかは無意味な話だな
サウンドは明らかに大瀧の方がオシャレだと感じる

97 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 18:31:34.56 ID:mJjDCykA0.net

基本、洋楽のパクリ

102 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 18:43:20.20 ID:Xo/+CVOY0.net

>>36
36 SUMMER SUSPICION 杉山清貴&オメガトライブ

きゅうてぃぱんちょす名義でヤマハのポプコン
に連続出場した彼らが改名し、83年に発表し
たデビュー曲。1stアルバム『AQUA CITY』
1曲目に収録されている。当初は別曲でデビュ
ー予定だったが、プロデューサーの「もっと
ドメスティックなメロディー、泣きのあるも
のを」という意向から、作詞:康珍化=作曲:
林哲司のコンビが急ぎ書き上げ、見事オリコ
ンでトップ10入りした。以後このチームが彼
らに多くのヒット曲を提供する。

47 :名無しさん@恐縮です:2021/03/28(日) 01:32:21.93 ID:UbObZ7zV0.net

>>42
薄口フュージョンとか言ってロックかぶれの洋楽バカが日本でさんざんバカにしてきたものが
外国から今になって評価されてるんだから面白いよねw

30 :名無しさん@恐縮です:2021/03/27(土) 21:51:04.60 ID:EXMQWAmM0.net

大瀧は懐メロリゾートポップ
寺尾聰は昭和の都会サウンド

151 :名無しさん@恐縮です:2021/03/29(月) 23:26:15.40 ID:GE/gNEzm0.net

>>148
ユーミンはシティポップと呼ばれてなかったのか???
今のガイドブックだとデカデカと掲載されてるし
松任谷正隆サウンドは俺の中ではシティポップど真ん中なんだけどな

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめニュース

まとめサイト様

アクセス数

  • 532
  • 990
  • 211,904